誰でも借入は可能なのか

店舗に行かなくてもインターネットで申込みが可能という便利で手軽な消費者金融ですが、その借入の申込をする際には「審査」があります。
この審査にパスをしないと借入をする事ができませんが、この審査には誰でもパスをするという訳ではありません。
当然です、そうでなければ、「審査」をする意味があません。

この時に関わってくるのが「貸金業法」です、これは平成18年12月に公布をされ、平成22年6月より施行をされていますが、これにより、借入
総額が年収の1/3までに、そして専業主婦の方は配偶者の同意が必要になりました。この貸金業法を「総量規制」と呼ばれています。

このために、専業主婦の方が消費者金融から借入をする際には、配偶者の方の同意を求められることが「審査」項目のひとつとなりました。
配偶者の方の同意があれば、自らは収入のない、専業主婦の方も借入れは可能なのですので、誰でも借入可能という事については、専業主婦の
方の借入も可能という事になります。
「私は専業主婦で収入が全くない」という人は、ご主人の同意を得て、借入を行ってください。

しかし、この「総量規制」により、配偶者の方の同意が必要なのは、収入の全くない専業主婦の方が対象になりますので、主婦のでも、自ら
パートなどをしている方は、配偶者の方の同意は必要がなく、年収の1/3までの借入の申込みが可能なのです。

現在、主婦の方でも、共稼ぎの人もいらっしやいますし、パートなどある程度のお仕事をされている方も大勢いらっしゃいますので、ご結婚
をされている方でも、ご自身にある程度の収入があれば、主婦という立場の方でも借入の申込みをする事はできます。

不景気な世の中ですので、家計を預かる主婦の方も、何かと突然出費、または次のお給料日までの間のわすがな期間の生活費の不足分など
借入を必要とする機会がある世の中ですので、こうした主婦の方にも借入が可能な消費者金融の借入を上手に利用をして、日々の生活に支障なく暮らして行きたいものです。