定額の収入は必要

消費者金融の申込みをする際になぜ「審査」があるのでしょう。
それは融資をしたお金をキチンと返済する能力があるかどうかを判断するためです。

その為の審査ですので、専業主婦でご自身は収入がなくても配偶者であるご主人に返済能力があれば、ご主人の同意のもとに借入をする事は
可能ですし、主婦の方でもパート、アルバイトの方でも、その方自身に毎月一定額の収入があれば、収入の1/3までの金額を借入をする事は可能ですし、学生の方でもアルバイトなどで一定額の収入があれ借入をする事は可能です。

では、現時点で「無職」という人はどうでしょう。
「無職」というのですから、毎月一定額の収入はありません。

「無職」になる前に、消費者金融での申込みをすませていて、既に利用可能な状態になっている人であれば、借入をするとは可能ですが、
その場合も返済があるという事を忘れてはいけません。
借りられるからと手軽に借入をしても返済能力がなければ、返済不可能となり、遅延金など不必要なお金が必要となってくるので、失業保険
の振込など、収入が見込める状態の時に、振込日までの「つなぎ」としての借入と考えなければなりません。

しかし、消費者金融で申込みをすませていない状態で、無職になってしまった場合、新たに消費者金融の申込みをする事はかなり困難な事と
なります。
何しろ、一定額の収入というものがないのですから、このハードルはかなり高いといえます。
しかし、新しい仕事が見つかるまで、例えそれがアルバイト、パートだとして、近々に収入が見込める、または失業保険の適応日までなど、
それまでの「つなぎ」としての借入をどうしてもしたいという場合はひとつだけ方法があります。

それは登録型の派遣会社に登録をするのです。登録をすることによって現時点では「無職」というカテゴリーに入っている人でも「勤務先」
を得る事ができるのです。
それにより、消費者金融での審査をパスする可能性も見えてきます。

しかし、気をつけなければならないのは、この場合、必ず近々に収入が見込めるという場合のみに利用をして下さい。